本当に好きなことは肩書きの裏側にあるらしい

#海外出張 #トラベル #音楽 #プロテイン

アメリカ国内の引越!見積りは何社も必ず取るべき!

f:id:oatmeal-tokyo:20210114074314p:image

今日はアメリカ国内での引越のお話です。

 

私達夫婦はアメリカ国内での引越は3回目。

今回は他州への引越で、車で6時間ほどの距離の所です。

 

アメリカ国内引越

f:id:oatmeal-tokyo:20210114074936j:image

前回、同じ州内で車で4時間ぐらいの距離の所に引越ししたとき、引越代が16万ほどでした。

 

今回はそれより遠いので20万円はかかるかな。。。と予想していました。

 

そしてネットで見積りを・・・と最初に取り寄せたのが「Two Men And A Truck」

 

よく街で見かけるし、私たちのアパートメントにこの業者が来ていたので安いのかな?と思いメールでコンタクトしてみました。

 

見積額は、最低料金が33万円で、そこから距離と荷物の量でもう少し上乗せになるとのこと。

 

想像を超えた値段だったため、他の業者を探しました。

取り急ぎ、ネットで検索して感じの良かった所にメールしたところ、なんと50万越え!

 

えーー、なんでこんなに高いんだろう。。とガッカリ。

 

アメリカ在住の友人に相談したところ、「中国人などがやってる引越業者が安いよ」と教えてもらい、探してみましたが近くには見当たらない。

 

こうなったらダメ元でいくつも見積りを取るしかない!と覚悟をきめ、地元の業者に見積依頼をしたところ、約30万円という見積りを出した業者に出会いました。

 

引越し業者決定

f:id:oatmeal-tokyo:20210114074517j:image

メールの返信も感じよく、とてもスピーディ。

さっそく自宅を見に来てもらい、最終的な金額を出してもらったところ、28万円ということで、依頼することに決めました。

 

他に5社ほどメールで見積依頼を出しましたが、50万以上だったり、見積りを送ってくれない業者もあり、かなりストレスを感じた時期でした。

 

決めたのがこの会社。

www.collegehunkshaulingjunk.com

 

カレッジハンクという引越屋さん。

 

f:id:oatmeal-tokyo:20210114072603j:image

 

全く知らない会社だったので、決めるときに勇気がいりましたが、メール連絡がスムーズで自宅に来たスタッフの感じも良かった。

そして一番安かった!

 

実際の引越作業もとてもスムーズで、ムダ話もせずもくもくと荷物を運び、1時間で搬出、搬入も1時間で終了!という奇跡的な仕事ぶりを見せてくれました。

 

f:id:oatmeal-tokyo:20210114072643j:image

 

思わずチップをはずみましたよー。

 

引越ってストレスがかかる作業が多いだけに、こういう良い業者さんに出会えてラッキーでした。

 

これほど見積を何社も取ったことが今までなかったのですが、やはり見積りは多くとるべきだとしみじみ感じたので、ブログに書いておきます。

 

これから引越をされる方、どうか良い業者さんに出会えますように!!

 

f:id:oatmeal-tokyo:20210114074609j:image

 

 

 

☆引越の時、一番役に立ったグッズと感じたこと

・安物ではない梱包テープ(透明でカッターが付いてるもの)

・ゴミ袋(大量に使った)

・軍手(使わないと手がカサカサになっちゃう)

・マスク(ホコリが立ちまくる!)

・段ボールはスーパーなどで手に入るものより、サイズが一律なモノを購入した方が、梱包しやすく、搬入後の荷ほどき作業が楽だった

 

 

 

それではまたね(^^♪