本当に好きなことは肩書きの裏側にあるらしい

家族と仲良くしながら、暮らしの中でピンときたことをどんどんブログにためていこう!バレットジャーナルや頭がスッキリ整理されるオススメ実用本の紹介!アメリカの美味しいもの情報もあります(^^)

『ザ・コーチ』谷口貴彦の本からの宿題がインパクト大だった!

自分にとって大きな影響を与える本に出会うことが出来ました。

 

『ザ・コーチ』谷口貴彦

 

 

☆今現在、やり遂げたい事がある。

☆どうしても達成したいことがある。

 

でもなかなかうまく進まないことが多い。。。

 

そんな状況の時に気付き行動するパワーをくれる本です。

 

特に興味が引いた目次のタイトルはこちら⇩

・軌道は変えられる 

・目標の達人ノート

・ゴールに向かうということ

・評価軸を変える

・いくつもの旗を立てる

・行動を設計する

・ほかの誰かになろうとすることをやめる

 

コーチング系の本は、理解が難しいものが多いですが、この本は物語風の小説形式だったので、スンナリ頭に入りやすかったです。

 

言葉使いは平易だけれど、内容はとても濃い!

特にインパクトのあった課題を紹介したいと思います。

 

5つの言葉について知る

  1. 目標
  2. 目的
  3. ゴール
  4. ビジョン

 

この 五つの言葉について 周りの人たちに、どんな意味か、どのように この言葉をとらえているかを訊いてきてください。

 

五人以上の人に訊いたら、 最後は辞書で調べてみてください。 きっと何かが わかると思い ますよ

 

谷口 貴彦. ザ・コーチ (Kindle の位置No.392-394). プレジデント社. Kindle 版.

 

 

*私は、5人も友達がいないので、夫だけに質問してみました。

その後自分でこの5つの言葉の意味を考えました。

漠然とイメージは出来ましたが、明確に言語化までは出来ませんでした。

 

 

5つの言葉をノートに書き、まずは自分なりに考えた後、辞書を引いて答えを書き出しました。

 

書き出した文字を見た時点で、きっと誰もが、多かれ少なかれ、心の中で次に行動すべき事は何なのか、イメージとして浮かび始める事に驚くはずです。

 

日頃、よく使われている、この「5つ言葉の意味を明確にする」だけで、自分の行動が変化し始めるなんて、読む前は思ってもみなかった事です。

 

 

 

 キーワードとなる「5つの言葉」

  1. 目標
  2. 目的
  3. ゴール
  4. ビジョン

言葉を書き出さずに、先を読み進めてしまうと、単なる暇つぶし的な本の読み方になってしまうので注意が必要です。

 

「5つの言葉を実際に書き出して、意味を考え(人に聞ける人は聞く)、辞書で引くという宿題」を、出来るかどうかが、この本「ザ・コーチ」第一関門になります。

 

 

第一関門の宿題

 

目標・目的・夢・ゴール・ビジョン

5つの言葉を書き出し、意味を人に聞き、辞書で引く

 

 

 

 

 

この本を読み進めていくと、上記のような宿題が、いくつか出てきます。

 

それぞれの宿題を読み流して、ついつい先を読みたくなりますが、勇気を持って一度本を閉じ、それぞれの課題に向き合うと、自己向上につながると思います。

 

 

 

 

*『ザ・コーチ』は、何か達成したいことがある方に、特にオススメしたい本です。

 

 

 

 

 

  

*関連書籍レビュー* 

能力向上につながる本の読み方とは?

www.oatmeal.tokyo

 

 

 

#本の読み方

#ザ・コーチ

#目標