本当に好きなことは肩書きの裏側にあるらしい

アメリカ在住7年目。家族と仲良くしながら暮らしの中でピンときたことをブログにためていきたい!アメリカ生活・出張にまつわる話。読書メモ。アメリカの「コレ美味しかった!」の情報など(^^)。

デルタ航空『デルタ・プレミアムセレクト』を利用した感想。良かった点と残念だったこと

こんにちは!

年間20回はデルタ航空を利用するアメリカ在住者です。

 

今回は、羽田空港から米国ミネアポリス間で、デルタ航空『デルタ・プレミアムセレクト』の座席を利用しました。

エコノミークラスと比べて、どんな所が良かったのか、残念だった点も含めてご紹介します。(注:デルタ航空では通称エコノミークラスのことをメインキャビンと呼んでいます)

 

追記:2019年10月に再度搭乗しました。アメニティに変更があったので、画像を差し替えました。

 

デルタ・プレミアムセレクトとは?

一部の国際線エアバスA350型機で利用できるワンランク上の新しい搭乗クラスのこと。

 

 

デルタ・プレミアムセレクトのメリットとは?

座席の広さ

f:id:oatmeal-tokyo:20190807032730j:plain

座席は2-4-2並びとなる

デルタ航空のシートサイズは、ピッチ最大38インチ(約96cm)、幅最大19インチ(約48cm)、リクライニング最大7インチ(約18cm)。

 

特に気になるのは、前方・足元の空間です(シートピッチと呼ばれる部分)デルタ航空のエコノミークラスのシートピッチは、プレミアムセレクトよりも、8インチ狭く30インチ(76cm強)。

 

くらべてみると・・・

 

プレミアムセレクト 96cm

エコノミークラス 76cm

 

その差は?

20cm!

 

実際に座ってみて、座席の広さ、足回りの空間は、デルタのエコノミークラスと比べ、体感1.3~1.5倍ぐらいに感じられました。

 

今回、特に報告したいことは、2人席のプレミアムセレクトが、とても広く感じたことです。

 

デルタプレミアムセレクトの2人席

2人席がベスト!ゆったり過ごせる。

 中央の4人席に比べて、格段に空間の広さを感じます。同じプレミアムセレクトの料金を払うなら、だんぜん2人席がいい!

 

 

プレミアムセレクトは搭乗時にも優遇される

f:id:oatmeal-tokyo:20190809212726j:plain

  • 搭乗する時、ファーストクラスの次に案内されるので、頭上の荷物置き場の確保がしっかりできる。
  • 搭乗と同時にドリンクサービスがある(スパークリングワイン又は水)

 

〈体験談〉

*エコノミークラスで、後ろの方の座席だと、早く搭乗した人に、頭上の荷物置き場を取られてしまう事が多く、毎回ストレスがありましたが、プレミアムセレクトなら、全く心配なく、荷物を置くことができました。

 

*搭乗時のドリンクサービスについては、ファーストクラスと同じような扱いを受け、大変気分良く過ごす事ができました。

 

 

座席前面の収納ポケット

 

シートポケット

厚手のA5サイズの手帳、Kindle、本などが、かるがると入り、収納力が高いです。必要なモノを、何度もカバンから取り出す必要がないので便利でした。 

 

 

アメニティの数々

アメニティの中身


TUMI(トゥミ)製のポーチに入っている所は好印象!

 

TUMI製品は耐久性が良さとシンプルなデザインが人気のブランド。アメリカでは、ビジネスマンや、働く女性に好まれています。

 

TUMIとはどんなブランド?】

アメリカのニュージャージー州を拠点とするカバンの製造・販売メーカー

トゥミ公式サイト | TUMI

 

 

寒い時用に靴下も入っていました。機内では使用しませんでしたが、旅行先のホテルで履いて、気がねなく使い捨てられるので、使い勝手が良かったです。

 

スリッパ

スリッパの布地がしっかりしています。思わずお持ち帰りしてしまいました!

 

モニター画面

 

デルタプレミアムセレクトのモニター画面

モニター画面

モニター画面は13.3インチ(約34cm)!とても大きく感じます。画質も良い!

 

【ヘッドホン】ノイズキャンセリング機能付き

デルタプレミアムセレクトのノイズキャンセリング付きヘッドホン

ノイズキャンセリング付きヘッドホン!

プレミアムセレクトの専用ヘッドホンとして、ノイズキャンセリング機能」が付いた「ヘッドホン」が提供されています。クォリティの高い音質で映画を鑑賞することができます。

 

ノイズキャンセリング機能付きヘッドホン】とは?

*外部の騒音を少なくする機能をもったヘッドホンのこと

 

 

 今まで、アイフォンに付いているイヤホンで、映画を見ていたのですが、このノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンは、映画館で見ているような(少し大げさですが)気分でした。13時間のフライトで、映画を4本休憩なしで見続けたのは初めての経験!

 

 (残念な点・・・)

ノイズキャンセリング機能付きで、音質がとても良かったのですが、少し重たく、頭まわりの締め付けがやや強め。映画を2時間ほど見た後で、耳の外側が痛くなってしまいました。(頭の小さな人なら大丈夫かも?)

 

私は頭が大きく、耳が圧迫されて痛くなりましたが、自分の持っているイヤホンより、音質が圧倒的に良かったので、ガマンしながら使い続けました。

 

今度プレミアムセレクトに乗るときには、ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホン」を持ち込みたい!と強く思いました。

  

しかし、ヘッドホンタイプだと荷物がかさばるので、イヤホンタイプを買う予定です。

 

たとえば、こんな感じ。

【ソニー】ノイズキャンセリング機能付きイヤホン ¥7,687

 

【ANC】TaoTronics 有線イヤホン ノイズ キャンセリング (単独使用可) イヤホン MEMSマイク モニタリングモード付き カナル型 アルミ 製 多機能 ヘッドセット TT-EP002

 

(最近ワイヤレスが多く、有線のノイズキャンセリングが少ないです(涙)

 

リクライニングについて

f:id:oatmeal-tokyo:20190808033401j:plain

リクライニングのボタン(座席内側の横)
  • 背もたれがエコノミークラスより、圧倒的に深く倒せます。エコノミーのリクライニングの深さは約10cm強、プレミアムセレクト最大約18cmなので、約2倍近く背もたれをたおせる感覚がある!
  • プレミアムセレクトの座席には、通常の背中のリクライニングだけではなく、フットレスト&レッグレスト」があり、足が疲れにくい。(ヒザから下を、少し持ち上げてくれるだけで、長時間のフライトでは疲れが変わります)

 

 

機内食について

f:id:oatmeal-tokyo:20190605033048j:plain

  • 食事は陶器の食器に盛り付けられ、エコノミークラスとは別メニューが提供される
  • 盛り付けもとても美しい

 

f:id:oatmeal-tokyo:20190605033051j:plain

  • デザートの「桜道明寺」、味もおいしい

 

ハーゲンダッツとサンドイッチ

 

  • クロワッサンにハムチーズをはさんだ温かいサンドイッチ

 

スターバックスコーヒー

 

 

f:id:oatmeal-tokyo:20190605032942j:plain

  • 搭乗時のメニュー 

 メニュー内容が詳しく書かれており、選ぶ時間も楽しめました。

 

 

テーブル

 

  • テーブルもエコノミークラスより丈夫でしっかりしたつくり

 

 

電源系

f:id:oatmeal-tokyo:20190605032958j:plain

  • 通常のコンセントUSBあり

 

接客について

  • 客室乗務員の対応がエコノミークラスより格段に丁寧になる

食事メニューを選ぶ時に、ひとりひとりに丁寧に聞いて、そのたびにギャレー(客室乗務員の作業スペース)に戻って用意をして運んできます。機内サービスについては、ほとんどファーストクラスの対応と同様だと感じられました。 

 

 

>>>

 

『デルタ・プレミアムセレクト』は、総合的に良い点が多いのですが、残念だったこともあったので、正直に記録しておきます。

 

残念だった点

 

良いところが多かった「デルタ・プレミアムセレクト」でしたが、殘念なところもありました。それは・・・

 

  • 座席肘掛けの部分が固定式のため、通路に出る時に非常に立ち上がりづらい!
  • 足を左右に動かしたい時に、固定の肘掛けにぶつかり、体の向きを自由に変えにくい。(1番前の席のみ、足回りが広く快適)

 

 

 

(体験談)

エコノミークラスより広いのは確かですが、窓際に座った場合、となりの人に一度立ち上がってもらわないと、肘掛けが邪魔して出入りが難しかったです。

 

エコノミー席と同じような肘掛け(動かせるタイプ)であれば、出入りがスムーズなのですが、プレミアムセレクトは、高級感を出すためなのか、固定式ゴツイ肘掛けのため、太ももを左右に動かしづらいのが気になりました。これが改善されれば、もう一度利用したいと思います。

 

このあたりは、個人的な好き嫌いが出そうです。

 

もう一点、「専用ヘッドホン」が重く、圧迫感が強かったため、耳が痛くなったので改善して欲しいです。

 

*追記:2019年10月の搭乗では、ヘッドホンの圧迫感はありませんでした!

 

 

 

 まとめ

 

しかしながら、『デルタ・プレミアムセレクト』の利用は、とても楽しい経験だったのは確かです!

 

マイルがある時にアップグレードで利用するのが、一番かしこい使い方かもしれないと思ったりもしました。

 

デルタ航空をメインに利用している人なら、一度は利用してみる価値がある『デルタ・プレミアムセレクト』!

 

デルタプレミアムセレクトの2人席

2人席は本当にゆったりして落ち着けました!



デルタプレミアムセレクトの窓から見た風景

プレミアムセレクトの窓からみた風景




いかがでしたか?

 今回は、デルタ航空『プレミアムセレクト』の良いところと殘念だったところを正直にまとめました。

 

デルタ航空は、「航空会社ランキング」において、過去9年間で8度目の1位を獲得する人気のエアライン。特に、マイルのたまりやすさ使いやすさでは、アメリカ系航空会社の中では一番ではないでしょうか?

 

今回紹介した、デルタ航空「プレミアムセレクト」の感想が、これから乗ってみよう!と思われている方の参考になれば、とてもウレシイです。

 

どうか、プレミアムセレクトに乗られる方々が、楽しい旅行になりますように願っています\(^o^)/\(^o^)/

 

 

 *デルタ航空「プレミアムセレクト」について

ja.delta.com

 

 

【公式】デルタ航空トップページ↗

 

 

 >>>

 

 

**余談**

 

*私はデルタ航空を予約する時、直接デルタ航空の公式サイトから予約することが多いです。

 

理由は帰り便の日程を変更することが多く、その作業をインターネットで変更しやすいのが大きな理由です。

 

さらにチケット予約時に、空席を確認しながら座席が指定できるため、良い席を事前に確保しやすいのです。

 

 

年間20回以上はデルタ航空を利用する私達。

参考までに、私が航空券予約の検索でいつも利用しているサイトを紹介します。

 

  • 最近CMでも有名になったエアトリは、検索結果の画面が見やすいので、取り急ぎ最初に検索をかけて全航空会社を一気に比較しています。 格安航空券エアトリ

 

 

みなさんは、どのような検索方法で、航空券の「比較」や「購入」をされていらっしゃいますか?

 

曜日によって、突然安くなったり、昨日まで安かったのが今日になっていきなり値上げしてたりと、航空券を購入するタイミングって難しいですよね。

 

出来るだけ安い料金で、購入の手順がかんたんなサイトで航空券を買いたいものです。 

 

 

#航空券

#デルタ航空

#海外旅行

#プレミアムセレクト

#アメリ

 

今からアメリカに行く方、お土産のお菓子は何にする?

trip-partner.jp

 

アメリカ旅行のアイデアに役立つ記事があるサイト

北アメリカ|Trip-Partner[トリップパートナー]

アメリカ在住者がリアルな記事を書いているサイト